膝蓋骨脱臼

膝蓋骨脱臼は小型犬の代表的な病気として良く知られており、ポメラニアン、ヨークシャ−・テリア、トイプードル、シーズー、チワワ、マルチーズなどに多く見られます。

【膝蓋骨とは】

膝蓋骨とはいわゆる一般に言われる"ヒザのお皿”で、アーモンドの形をした骨です。
この膝蓋骨は足を伸び縮みさせる太股の筋肉(大腿四頭筋)の膝の部分の靱帯(膝蓋靱帯)にあります。
膝蓋骨の働きは、膝を伸び縮みさせるときに関節で靱帯がすれないようにし、また関節がスムーズに動くようにします。
そのため、大腿骨には膝蓋骨が滑りやすいように溝(大腿骨滑車)があり、そこを大腿四頭筋の伸展に合わせて膝蓋骨が上下に滑るようにして動きます。

膝蓋骨脱臼とは、この膝蓋骨が大腿骨の溝(大腿骨滑車)より内方、あるいは外方にはずれた状態を言います。
膝蓋骨脱臼はすべての犬種で発生しますが、一般的には内方脱臼は小型犬に、外方脱臼は大型犬に見られます。

【原因】

先天性と後天性に分けられます。

先天性のものでは、生まれつきの大腿骨の溝(大腿骨滑車)の異常、大腿四頭筋の靱帯の異常など関節の構造上の異常が知られています。
外方脱臼は外反股と股関節形成不全に関係があるとされています。

後天性は障害によるもので、膝蓋骨の内・外側に加わった圧力により脱臼を起こします。
多く見られるのが、フローリングで滑ったり、過激な方向転換などが原因となったものです。
また打撲や落下、骨の栄養障害による骨の変形が原因となることもあります。

【症状】

脱臼の程度により、無症状のものから歩行困難など運動障害の起きるものまで幅広く見られます。

先天性脱臼の場合
歩けるようになってから後ろ足に異常が見られます。
成長するに従いはっきりとした症状が見られ、両足が脱臼すれば起立したり歩くことが困難となります。

基本的な骨格に問題があり、小型犬の内方脱臼が特徴的です。
遺伝的疾患と考え、発症した仔は繁殖に使用しない方が良いと言われます。

外傷性脱臼の場合
内方に脱臼する場合が多く、発症が突発的です。
犬種や年齢に関係なく激しい疼痛を伴い腫脹が見られます。

習慣性脱臼の場合
脱臼したときには、その足を挙げて歩いていることが多い。
肢は湾曲しており間欠的に跛行が見られます。
外部から膝蓋骨を整復すれば容易に歩行可能になります。

いずれの場合でも長期間経過した場合には、運動障害に加えて膝の関節が著しく変形したり筋肉の萎縮が見られ、その結果足がねじれてしまいます。

【診断】

一般症状・触診によって容易に診断は可能です。
更にX線検査によって膝蓋骨のみならず、先天的異常に伴う滑車溝の深さ、骨の変形の程度などを確認することができます。

脱臼の程度に応じて4段階にグレードを分けています。
グレード1
膝の関節はほとんど正常である
時々脱臼した足を浮かせるような、かろうじてわかるぐらいの跛行が見られる
足を伸ばして膝蓋骨を指で押すと簡単に脱臼するが、押すのを止めると元に戻る

グレード2
膝を曲げて、軽く足を付いて歩く
膝の関節を曲げると膝蓋骨は脱臼するが、足を伸ばすと元の位置に戻る

グレード3
バランスをとるために地面に足を触れるだけ
脱臼したままの状態が続くが、関節の伸展運動をするとたまに元の位置に戻る
または、指で押すと一時戻るが、関節を曲げると再度脱臼する

グレード4
足を持ち上げたままで、全く使わない
歩くときは背を曲げ、うずくまった姿勢をとる
常に脱臼したままで手術以外に整復できない

【治療】

グレードに応じて外科手術が必要になります。
最近では軽症な場合は、レーザー等で治すこともあります。

【習慣性脱臼の予防】

新生仔で歩き始めた頃から後ろ足がおかしい場合や、遺伝的に膝蓋骨脱臼の素因を持つ仔に行います。

仰向けにし、後ろ足を手で持ち膝の関節の屈伸運動をさせます。
1回に屈伸運動を100回〜200回、それを1日に2〜3回行います。
この方法は、その後の習慣性脱臼の予防に有効と言われています。