猫ウィルス性鼻気管炎

猫ウィルス性鼻気管炎の原因ウィルスは猫ヘルペスウィルスで、猫の呼吸器病の代表です。
いわゆる「猫な鼻かぜ」と言われるものです。

【感染経路】

発症している猫や、回復後にキャリアーとなった猫の眼や鼻の分泌物や唾液に直接接触して感染します。
感染猫は良くくしゃみをしますから、それからの感染が多く見られます。

【症状】


発熱し元気や食欲がなくなり、鼻水を流しくしゃみを良くします。
また、口の中に潰瘍ができてよだれを流す場合もあります。

涙や目やにが出たり、結膜炎や角膜炎を起こし眼が腫れ充血を起こす事もあります。
鼻水が膿性になると鼻が詰まり、呼吸困難になり口で息をしている場合も見られます。

栄養状態が良く抵抗力が強く細菌感染が無い場合は、1週間から10日で回復してきます。
しかし抵抗力が無く細菌感染が併発してしまうと、症状が激しくなり回復までが長引いてしまいます。
また鼻の中の骨が壊死を起こしてしまう事がありますが、この場合生涯ずっと鼻水やくしゃみが出たりします。

【予防】

ワクチン接種が有効です。

【重要事項】


ウィルスに感染し体の中にウィルスに対する抵抗力ができると、通常のウィルスは死滅してしまいます。
しかしヘルペスウィルスは死滅せずに、神経細胞の中に潜伏してしまうのです。
これを潜伏感染と言います。
この潜伏しているウィルスは、感染した猫の免疫力が下がってきた時や、ストレスを受けた時に再度体の外に排泄されます。
そして病気を拡大していきます。

つまり一度感染すると一見治ったように見えている猫でも、その状態によってはウィルスを体外に出して、他の猫に移してしまう事があるという事なのです。 健康に見えても、ウィルスを出している仔がいるかもしれないという事なのです。

一度この病気にかかった猫は、キャリアー(生涯の感染源)になるという事を知っておいて下さい。